税理士になろうと思った理由

税理士になろうと思った理由や動機は

税理士になろうと思った理由や動機は、人それぞれだと思いますが、私が最初に税理士になりたいと思ったのは、確か中学生ぐらいの時だったと思います。
動機はあまりはっきりとは覚えていないのですが、それでも士業という事で、女性でも普通に働くより高い収入が期待出来、開業したり定年がなかったりと、当時の私にとってとても魅力的な職業に思えたような気がします。しかも、税に関する知識が身につくので、何かと生活にも役立つと思っていたように思います。

しかしながら、現実問題として税理士を目指すとなると、一番の問題は勉強が難しいという事でした。
私は中学校の時に、漠然と税理士になりたいと思っていたのですが、その時に国家試験で法律に関する様々な難しい問題が出る事を知って、臆してしまいました。

今思えば、中学生など記憶力の良い若い時期のうちから、法律などをせっせと覚えて、高校や大学の間もたっぷりと時間をかけて試験勉強をすれば、難関ながら合格への道も開けたのかも知れません。
Copyright (C)2017税理士になろうと思った理由.All rights reserved.