税理士になろうと思った理由

友達が、大学時代から税理士になるべく予備校などに通いながら税理士試験合格を目指していました

友達が、大学時代から税理士になるべく予備校などに通いながら税理士試験合格を目指していました。
卒業してから2年でようやく合格することができ、私達も一緒に合格をお祝いしました。

何故、そこまでして税理士になりたかったのかを友達に聞いてみると、税金は非常に分かりにくい構造になっていて、税金で損をしている会社の経営者や個人の方が非常に多く、その人たちを助けたくて税理士になりたかったと言っていました。
本当に人助けのために税理士になりたかったことが分かり、この人だったら多くの企業や個人商店を税理士という武器を使って、守っていくことができるのではないかなと思いました。

他には、お金について強くなって、お金で困っている人たちを助けたいという考えもあるそうです。
広い世の中を見渡してみるとお金で困っている人が多いから、税理士としての知識を活かして、少しでも多くの人を救えることができたら良いと語っていました。

このような気持ちでないと、立派な税理士にはなれないかもしれません。

お勧めのサイト

Copyright (C)2017税理士になろうと思った理由.All rights reserved.