税理士になろうと思った理由

税理士になるための資格を取得する方法としては

税理士になるための資格を取得する方法としては、今のところ税法3科目会計2科目の税理士試験に合格する他に、公認会計士試験に合格する、税務職員として23年間勤務するというものがあります。
このように税理士になるための方法は多岐に渡るのですが、税理士になろうと思った理由として一番大きかったものは、資格試験の特殊性です。
前述したように、資格試験は必須選択合わせて計5科目の合格が必要ですが、これらは単年一発合格である必要がありません。合格した科目は終生有効なため、極端な話1年に1科目ごとに合格していけば、5年で資格が取得できることになります。これは多忙な社会人にとっては、有り難い制度で、コツコツと努力することを厭わない人に向いている資格試験と言えます。
逆に言うと、単年で5科目全てに合格することは至難の技で、滅多にないことだそうです。
1年で全てをやり終えたい拙速な性格の人は、公認会計士試験の合格による税理士開業を目指した方がいいかもしれません。
Copyright (C)2017税理士になろうと思った理由.All rights reserved.