税理士になろうと思った理由

税理士になろうと思った理由は

税理士になろうと思った理由は、第一には子供の頃から計算が大好きだったからです。
他に得意な科目はなかったのですが、数学や計算といったものにはとても興味があり、楽しんで勉強する事ができたのです。
社会人になってからは、独学で簿記の勉強をはじめ、その面白さに夢中になりました。
そうしているうちに、自然に税理士という仕事に興味を持つようになりました。

税理士とは簡単にいうと、税務の代理や税務書類の作成、税務相談などを行う仕事です。
現在全国では7万人ほどの税理士が活躍し、その人数の多さからも、社会のニーズの高さが伺えます。今では女性の税理士の人数も年々増加しているため、私も挑戦してみたいと思いました。
また、独立開業が可能なので定年もなく、体が健康な限りはいつまでも仕事が続けられるという点も、とても魅力に感じました。

初めは主婦業とパートの合間に勉強を始め、現在は専門校に通って資格の取得を目指しています。税理士の資格は、簡単に取得できるものではありませんが、根気強く勉強を続けていきたいと思っています。
Copyright (C)2017税理士になろうと思った理由.All rights reserved.