税理士になろうと思った理由

生きていく上で法律を味方につけることは、人生を豊かにします

生きていく上で法律を味方につけることは、人生を豊かにします。
しかし、一般人にとって法律は馴染みが薄いものです。
そこで頼りになるのが専門家です。
特に、商売には欠かせません。
商売において最も身近な専門家は、税理士かもしれません。私が税理士を目指そうと思ったのも、この身近さが理由でした。
商売にとって、切り離せない税金の問題を代理できるのは税理士の特権です。
そして、企業や個人など商売の存在するところ、全てが活躍の場所となります。それは日本に留まりません。
税理士の仕事は、経済や国を動かすことができます。何より、一生懸命働いた人たちの助けになることが、何よりのやりがいかもしれません。勿論、自分でも税金の申告をすることは出来ます。
しかし、複雑で大量の手続きは商売をする上で、致命的なリスクになることもあります。そのような事態を見ると、もどかしくて仕方ありません。
働く人の味方になり、リスクを減らすために税理士はいるのです。
Copyright (C)2017税理士になろうと思った理由.All rights reserved.