税理士になろうと思った理由

私が税理士になろうと思った理由は

私が税理士になろうと思った理由は、子供の頃から仕事を通じて人の役に立ちたいと思ったからです。

税理士というと、杓子定規的に税金を計算する仕事と思われるかもしれませんが、実はそうではありません。税金には何通りかの考え方や計算方法があり、どの考え方や計算方法をとるかによって、経営者は資金繰りの面で経営しやすくなり、その結果、売り上げが違ってくることが多いのです。
いわば、経営の中心を握っています。

しかし、大抵の場合は、そういうことは専門家でないと分かりません。そんな時、税理士の仕事は、経営者の話をよく聞いて、杓子定規ではなく、財務の面で経営者の思いを実現することにとても役立ちます。それが税理士の仕事で、言葉のニュアンスとは別にとてもヒューマンな仕事です。

この様に、数字の面白さと人の役に立ちたいということが重なって、税理士になろうと思いました。
税金の計算というよりも、経営者の夢を実現するためにお役に立てるのが嬉しいです。
Copyright (C)2017税理士になろうと思った理由.All rights reserved.