税理士になろうと思った理由

大学時代に親しくしていた友人が

大学時代に親しくしていた友人が、当時からとてもしっかりした人で、私をはじめほとんどの同年齢の学生たちが、将来のことを考えるより楽しく過ごすことにばかり気をとられている間にも、将来や仕事について方向性を定めようとしていました。

商学部の学生だった彼女は、一生仕事を続けるため何か資格を持ちたいと言い、税理士の資格を取ることを決めました。
何故、税理士を選んだのかと聞くと、税務や会計に関わる仕事は間違いが許されず、正確さが要求されるため、完璧主義で生真面目で、更に数字が好きな自分に向いている仕事だと思ったと、彼女は答えました。

私から見ても、彼女はとにかく真面目で曲がったことが大嫌いで、100パーセント信頼できる人なので、税務という重要な作業を任されるのにふさわしい人でした。
卒業後、自然と疎遠になってしまいましたが、噂に聞くところによると、彼女はその後、何年もかかって試験に受かり、現在税理士として活躍しているということです。

税理士試験はかなりの難関と聞いているので、彼女は本当に大変な努力をしたのでしょう。私も負けずにいい人生を歩まなければならないと、気が引き締まる思いです。
Copyright (C)2017税理士になろうと思った理由.All rights reserved.