税理士になろうと思った理由

税理士になろうと思った理由は、ひとえに祖母の言葉からです

税理士になろうと思った理由は、ひとえに祖母の言葉からです。

祖母は、よく口癖のように、「これからの女は手に職をつけないといけない」といっていました。
そのため、高校生の頃から、資格試験と名のつくもので自分でチャレンジできるものなら、何でもチャレンジしたものです。
そのため、持っている資格はいくつもあるのですが、これが極めつけの資格だというものがまだありませんでした。

それが、大学に入学してから、この大学は税理士試験にチャレンジできるということに気がついたのです。
税理士になるために入学したわけではないのですが、これはチャレンジするしかないと思いました。

税理士になれば、簡単に独立開業することもできると考えたのです。
これほど強い資格もないでしょう。独立開業しなくても、就職に有利に違いありません。それに、科目別にチャレンジできるので、大学の勉強をしながら挑戦することができます。
高校生の時、資格試験にチャレンジし続けた延長線上でしたが、祖母が言い続けた言葉に影響されたのだと思います。
Copyright (C)2017税理士になろうと思った理由.All rights reserved.