税理士になろうと思った理由

税理士になろうと思った理由は

税理士になろうと思った理由は、税について調べていると、その複雑さに驚き、これは専門家ではないと理解する事が出来ないだろうと思ったからです。

社会で誰かの役に立てる仕事がしたいと思っていたので、税理士になって税の専門家として、多くの人を助けようと思いました。
税に関して興味もありましたので、法律が関係した複雑な税理士試験の勉強も、あまり苦ではありませんでした。
簿記や会計は大学で習っていたため、細かい数字を扱うのも面白く感じ、税理士になろうと思ってからは割合楽しみながら勉強をする事が出来ました。

学生時代に税理士になろうと思いましたから、勉強に専念するだけの余裕があったというのも、税理士試験に合格出来た大きな要因です。
社会に出て、仕事をしながら税理士試験の為の勉強をするのは大変な事ですから、学生の内に自分が目指すべき職業を見つけたのは、運が良かったと思います。
税に興味があり、税の専門家として人を助けたいと思う気持ちが芽生えた事、これが税理士になろうと思った原点です。

お勧めのサイト

Copyright (C)2017税理士になろうと思った理由.All rights reserved.