税理士になろうと思った理由

一度税理士になりたいと思ったことがあります

一度税理士になりたいと思ったことがあります。
何故なりたいと思ったのかといいますと、税理士という仕事は、どれだけ不況であっても強い仕事だからです。
一般的なサービス業とは違い、不況になっても税務は必要不可欠なことですので、資格を持っていれば仕事にあぶれることはないと考えました。

更に、税理士の資格を持っていると、独立開業をすることも可能なのです。
そのため、将来的に誰にも雇われることなく、仕事をしたいと思っている私にとっては、すごくいいと思いました。

ただ、結果的には税理士にはなりませんでした。
勉強の段階で挫折してしまったからです。

しかし、最近になって、また税理士になってみたいという気持ちになったのです。
何をしてもダメな自分ですが、税理士の資格を取得すれば、自分に自信が持てるようになるのではと思ったからです。

税理士になる夢をまた持つようになったので、今後は一生懸命に挫折することなく続けていきたいと思います。

お勧めのサイト

Copyright (C)2017税理士になろうと思った理由.All rights reserved.